RATE関数を使って元本を何%で運用する必要があるかを計算する

質問

65歳現在3000万円の貯蓄があるとすると、90歳まで毎月15万円づつ取り崩すには何%で運用しなければならないのか?

 

イメージ図

 

 

必要な運用利率を求めるには、RATE関数を使います。

どこかのセルに次ぎのように入力して下さい。

= RATE ( 25*12, -150000, 30000000, 0, 1) 

RATE関数の各項目の意味は次のとおりです。
RATE(期間, 定期支払額, 現在価値, 将来価値, 支払期日, 推定値)

 

すると、答えは

0.29%

となります。

0.29%??  いやに低いですね。これなら余裕~なんて間違ってはいけません。

ここで求められたのは月の利率ですので、出た答えを12倍して年利に直す必要があります。

0.29%×12=3.52%

 

回答

65歳現在3000万円の貯蓄がある。90歳まで毎月15万円づつ取り崩すには年利3.52%で運用しなければならない。

 

RATE関数の各項目の意味は次のとおりです。

RATE(期間, 定期支払額, 現在価値, 将来価値, 支払期日, 推定値)

 

【期間】
支払額が月額なのか、年額なのかに注意します。
上記例では、取崩額は月額15万円なので、期間も月の回数(25×12)とします。
(300カ月なので300と入力してもOKです)

【定期支払額】
定期支払額(取崩額)はマイナスで入力します。
毎月15万円づつ取り崩すので、-150000とします。

【現在価値】
65歳現在の貯蓄額 30,000,000円 なので30000000と入力します。

【将来価値】
90歳時点での貯蓄残金0円を設定します。
(90歳で残したい遺産があればその額を入力します)

【支払期日】
期首に引き出すか、期末に引き出すかを指定します。
生活費として取り崩したいので月初に取り崩すため1を入力します。

1 期首に引き出す場合
0 期末に引き出す場合

【推定値】
利率の推定値を指定します。推定値を省略すると10%が指定されたものとみなされます。

 

ここで求まる利率は月利となります。
よって、求まった利率を×12として年利に直します。

 

セル参照による入力

数式に直接数字を入力しましたが、セルの番号を選択(参照)することもできます。

C3からC7に、次のように該当する数値を入力して、C9で各セルを参照した式を入力しても計算できます。

各セルの数値を変えてシミュレーションしてみて下さい。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です