緊急時の債権管理の注意点

緊急時の債権回収での留意点として次の5つを意識しましょう。

(1) 保全の時期
保全の時期が支払停止の前か後か

(2) 取引期間・関係の程度
1回限りの場合と長年の取引関係がある場合取引期間が長く、支援協力を続けたことがある債権者と、一見の債権者とでは、詐害性の判断に違いが生じる

(3) 債権額と保全状況との関連
多額の債権があるのに保全がゼロか少なければ緊急保全に集中しなければならない。
そこそこ保全ができていればムキになって緊急保全に専念する必要がない.

(4) 取引先の出方
協力的か、非協力的か

(5) 取引先の倒産態様
法的整理か、私的整理か
法的整理の場合は、管財人から否認訴訟を起こされる危険性が高い。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です