先日付け小切手とは

先日付小切手とは、小切手の日付が数週間、数ヶ月先の日付で振り出す小切手のことを言います。

たとえば

本日(7/10)にA商店から商品を100万円仕入れて、代金を小切手で支払うとします。

ところが、資金が200万円しかない・・

でも、月末(7/31)には100万円の売掛金回収の予定があることが予測されている。

そこでA商店と話合い、8月1日を振り出し日とする先日付小切手を振り出して、その日付まで取り立てを待ってもらうこととします。

これを先日付小切手と言います。

仕訳が次ぎの通りとなります。

A商店

(借方)受取手形 100万円 /(貸方)売 上100万円

振り出し側

(借方)仕 入 100万円 /(貸方)当座預金 100万円

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です