詐害行為とは

詐害行為とは

取引先の倒産前後に、その取引先が特定の債権者に対して担保を提供するなどして、他の債権者に対する配当原資を減少させる行為をいいます。

このような場合、他の恩恵を受けていない債権者は、訴訟でその抜け駆け行為を取り消すことができます。

取引先が倒産しそうなとき、のんびり構えているわけにはいかないので、誰よりも早く、多く、確実に債権の回収を図ることが重要です。

しかし、タイミングによっては詐害行為となり、抜け駆けとみなされその行為が取り消されてしまいます。(民法424条 債権者取消権:詐害行為取消権ともいう)

 

債権回収では、倒産する前にいかに手を打つかが重要であり、
先取りした情報を法に触れない方法で活用する手はないかを考えるべきです。

 

自己売り商品の引き揚げは詐害行為になりません!

抵当権、譲渡担保、債権譲渡などは取り消される危険性が多い。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です