質権とは

質権について
質権は、債権者が自己の債権を担保するために債務者の所有物を預かる形式の担保物権です。
債務の弁済がなされないとき、債権者(質権者)は債務者(質権設定者)の目的物を競売して債権を回収します。

質権の種類
質権は、質物とする物の種類によって、動産質、不動産質、権利質に分けられます。

動産質:
動産質を主張するためには、質権設定の合意と共に債権者が債務者から目的物を実際に預かることが必要です。

権利質:
債権や株式などの財産権を目的としたもの。主なものは債権質です。

債権質:
債務者が第三者に対してもつ債権を質権の目的とします。
債権質の利点は、質権者(債権者)が質権の目的である債権(債務者が第三者に対してもつ債権)を直接取 り立てることができます。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です