企業価値と株式時価総額は違うのか

M&Aにおいて買収価格をいくらにするかは、売買対象企業の価値をどれくらいに見積もるかによります。

上場企業であれば 市場価格 がありますので、その価格が買収価格 となります。

しかし、非上場企業 の場合には、市場価格 がなく独自で金額を決めなければなりません。

買う側と売る側、それぞれ互いに価格を決めて折を合わせていく必要があります。

買う側はなるべく安く買いたい、売る側はなるべく高く売りたい、このそれぞれで評価した価格の攻防戦です。

では、企業価値はどのように測定するのでしょうか?

  企業価値 とは

企業の価値を表す言葉として、

corporate value (企業価値)
enterprise value (事業価値)
shareholder’s equity value (株主資本価値)
shareholder’s value (株主資本)

などいろいろな名目があり、どれが 買収価格 に相当するのか混同してしまいます。

まず企業価値を構成する全体像を見てみましょう。

買収価格を決定する部分は、上図の「株主資本価値」の部分(左から2番目)であり、「株式時価総額」となります。

株式時価総額= 株価  ×  発行株式数

で表されます。

上場企業の場合には、
市場価格がこの部分を正確に反映しているかが焦点となります。

株主資本価値は、

・非事業用資産
・MVA
・株主資本

で構成されます。

  非事業用資産とは

非事業用資産 は、事業目的に使用されていない会社の資産のことで、たとえば以下のようなものが該当します。

余剰現預金・・・定期預金、別段預金など

遊休・不稼働資産・・・未利用の土地、回収懸念債権など

投融資・・・有価証券、投資有価証券、貸付金 など

これらの資産 は、事業価値 には含まれていませんが、会社が保有する資産であるため、株主 に帰属する価値を構成します。

したがって、株主資本価値 を計算する際には、時価 ベースに 評価替え した非事業用資産 の 価値を事業価値 に加算する必要があります。

 

  株主資本 (shareholder’s value) とは

株主資本 は次の算式で計算されます。

株主資本 =資本金 + 資本剰余金  +利益剰余金-自己株式

貸借対照表では次のような位置になります。

 

  MVA (market value added) とは

企業は、株主資本と有利子負債を投下資本 として事業を運営し、各期においてキャッシュフローを創出します。

そしてこのキャシュフローと 投下資本の差が事業において創出した価値となり, これをMVA(market value added:市場付加価値) といいます。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です