運転資本と借入金の関係

会社は銀行から資金を調達して事業運営を行います。
銀行が企業へ資金を貸し出す量の目安として、月商の3倍を基準にしているとよく言われます。

もちろん評価基準はそれだけではなく、業績推移や業界動向、投資効率など他の面も加味して評価されるのですが、そのうちのひとつとして「運転資本はどれくらいか」という基準があります。

運転資本とは

運転資本とは、会社が日々事業を営んでいくために必要な資金を言います。

日常の営業取引を3点に絞ってそれぞれの取引条件を見ることにより、必要な資金量を求めることができます。

運転資本は企業の支払能力を示すものであり、銀行が企業に貸し出す資金量の目安としています。

その3点とは,次のものをいいます。

① 売上債権:商品やサービスを掛取引で販売したが、まだ受け取っていない代金で、売掛金や受取手形などをいいます。

②棚卸資産:在庫であり、商品、製品だけでなく、原材料や仕掛品なども含みます。

③仕入債務:商品やサービスを掛取引で購入したが、まだ支払っていない代金で、買掛金や支払手形などをいいます。

この3点を使い運転資本を計算すると次のようになります。

運転資本=①売上債権+②棚卸資産-③仕入債務

もしも、企業の資産が売上債権(2,000万円)と棚卸資産(1,000万円)しかなく、負債が仕入債務(1,500万円)しかないとした場合のバランスシート(貸借対照表)は次のようになります。

バランスシートの見方として
会社が事業活動をする上でどのように資金を調達しているかを見るのは貸方側(右側)を見ればよく、その調達した資金をどのように運用しているかは借方側(左側)を見れば分かります。

この例では、仕入債務と運転資本で資金を調達し、その資金が売上債権、棚卸資産として運用されているということが説明できます。

仕入債務は支払いを待ってもらっているので、資金調達とも言えます。
そして調達した資金は、売上債権と棚卸資産という資産に”ばけている”ということになります。

運転資本という科目はないのですが、大きく分けて
短期借入金、長期借入金、自己資本になるかと思います。

要するに、事業活動を営むにあたり調達不足額(運転資本)を短期で借入て調達するか、長期で借入れて調達するか、または自己資金で担うかということです。

この運転資本をいかに小さくするかが、資金繰りを楽にするポイントとなります。

理想は「回収は早く」、「支払いは遅く」、「在庫は少なく」ですね。

しかし、相手があることですので、こちら側の「回収は早く」は、相手側にとっては「支払いは早く」になりますので、難しいところです。

営業担当者はなるべく円滑に取引を進めたいので、回収条件として相手側に合わせて回収は遅くなりがちです。また在庫も多めに取りがちになります。

そうすると、売上債権と棚卸資産が増加し、運転資本が大きくなります。
そのため、借入金で調達することになり借入利息の負担も大きくなっていきます。

キャッシュコンバージョンサイクルとは

運転資本は、日商(年間売上高÷365日)の何日分が必要かという見方もあります。

運転資本の計算式は
運転資本=売上債権+棚卸資産-仕入債務
と、それぞれの項目の残高で計算されました。

「運転資本は日商の何日分か」を計算するには、それぞれの項目を回転日数に直してあげれば求めることができ、
これを「キャッシュ・コンバージョンサイクル」と呼び次の式で算出されます。

キャッシュ・コンバージョンサイクル(日商の〇日分)=
売上債権回転日数(日商の〇日分)+棚卸資産回転日数(日商の〇日分)-仕入債務回転日数(日商の〇日分)

たとえば、
売上債権回転日数:102日  売上債権 /  (年間売上高÷365)
(売上をする日から回収する日まで何日あるか)

棚卸資産回転日数:20日  棚卸資産 / ( 年間売上高÷365)
(在庫をする日から売上げをする日まで何日あるか)

仕入債務回転日数:91日   仕入債務 / (年間売上高÷365)
(仕入をする日から支払いをする日まで何日あるか)

とした場合、
キャッシュコンバージョンサイクル=102日+20日-91日=31日
となり、日商(1日の平均売上高)の31日分の借入が必要ということになります。

※棚卸資産回転日数・仕入債務回転日数の計算は、分母に「売上高」ではなく「売上原価」を用いる場合もあります。
ここでは、「運転資本は日商の何日分か」を知りたいので分母は売上高としています。

1回だけの取引を図で示すと次のようになります。

4/1に商品を買掛金で購入し、そのまま在庫する。
在庫は20日過ぎた後、4/20に売掛金で販売をする。
その後6/30に現金支払いを行う。
7/31に現金を回収する。

よって、6/30の支払いから7/31の回収まで31日分の運転資本が必要であり、この間の資金を補うため借入を行う必要があるということになります。

 

運転資本がマイナスの会社も当然あります。
支払いよりも回収が先行しており、資金繰りは非常に楽になります。

掛けで商品を購入して、その商品を販売し即現金をもらう。
その現金を掛けの支払いに充てる。

これであれば手元に現金がなくても商売ができてしまい、無からお金を生み出すことになりますね。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です