年平均成長率計算の仕方

来期の事業計画を立てる際、どのように数値を予測していますでしょうか?

過去の売上データから将来の売上高を予測する方法として、年平均成長率を利用することがあります。

下の表は2014年度から2018年度のA商品における売上高の実績データであり、これから2019年度の売上高を予測します。

 2014年2015年2016年2017年2018年
売上高(万円)4,5004,8005,3005,5006,200
対前年増加率(%)6.7%10.4%3.8%12.7%

2019年度の売上高が2014年~2018年の平均増加率で増加すると仮定した場合に「年平均成長率」を利用することできます。

年平均成長率の計算方法

年平均成長率を計算するときは次の式を使います。

この式にデータを当てはめて計算すると

=0.08341  (8.34%)

これより2014年度から2018年度までの年平均成長率が8.34%とわかりましたので
2019年度の売上高を算出すると6,717万円となります。

2019年度売上高予測=6,200 (2018年度売上高)×(1+0.0834 ) =  6,717 万円

ルート計算ですが、エクセルで求めると次のように  1  / (m-n )  乗をします。

=(6,200 / 4,500)^(1/4)-1
=0.0834

式の考え方
A商品の売上高は2014年度に4,500万円だったものが、4年後の2018年度には6,200万円まで増加しており、この間1.37倍となっています。

1年あたりの増加率は、この1.37倍の4乗根を計算することにより求められます。

年平均成長率は、年度計画など予算を組む際に使用されます。
来期売上高を計画する際、なぜその額になるのか根拠のある数値を示しましょう。

当然、過去の推移のまま将来が続くとは限りません。
年平均成長率で求めた値を、将来の環境の変化を加味して予測値とします。
そして、その値に戦略的な変化を加味して来期の計画となります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です