売上データを集計する方法 – 辞書型 / for 構文

財務部では毎月業績を算出し、分析をして経営会議へ報告する必要があります。データの取得から分析、ひいては報告資料まで自動化したいものです。

pythonは分析系に強いプログラミング言語ですので、財務に携わる方はぜひ習得しておきましょう。

まずは簡単なところから始めるにあたり、チームの売上高を合計し、平均を算出するところからやってみたいと思います。

要件
チームの平均売上高を求めたい

 

次のような設定を想定します。

事業Aに、チームが3チーム(A,B,C) 所属しています。
それぞれのチームの月間売上高は次の通りでした。

事業名:A_bu
所属チーム 売上高 
Aチーム   60万円
Bチーム   80万円
Cチーム   90万円
合計     230万円

この3チームの平均を求めていきます。

230万円÷3=76.6万円になれば正解ですね。

要件回答
売上合計: 2300000
平均点: 766666.7

 

チーム売上の平均を求める

#A事業の業績データを辞書型で集計する・・①
salesA={‘A’:600000,’B’:800000,’C’:900000}
#合計を求める
Asum = 0
for v in salesA.values():
    Asum += v
print(‘売上合計:’,Asum)


”’チーム当たりの平均売上高を計算・・②
小数点以下1位になるように四捨五入”’

ave_v=round(Asum/len(salesA),1)
print(‘平均点:’,ave_v)

 

 

①A事業の業績データを辞書型で集計する

salesA={‘A’:600000,’B’:800000,’C’:900000}

変数「salesA」={ キー(チーム名):値(売上高)}
として辞書型でセッティングします。

#合計を求める
Asum = 0
for v in salesA.values():
Asum += v

平均を求めるには、まず合計を求める必要があります。
「Asum」という箱を設けて、ここに各チームの売上高を放り込んでいきます。

最初はAsumの箱は何も値が入らない「0」を設定します。
for 構文を使ってひとつづつデータを取り出し、Asumに加えていきます。

for構文は次のようになります。

「salesA」は①で設定した辞書型の変数で、チームと売上高が格納されています。
「values()」でそのデータから「値」を取り出します。ここでの値は「売上高」ですので、各チームの売上高がfor の後の「v」へ順番に入っていきます。

辞書型データは {‘A’:600000,’B’:800000,’C’:900000} となっていますので、
まずは’A’チームの「600000」が「v」に入ります。

そして、その「v」の値が
Asum+=v でAsumの箱に放り込まれます。
「Asum+=v 」は 「Asum  =  Asum + v  」と同じ意味です。

これでAsumの箱は「600000」が入ることになります。

次に、’B’チームの「800000」が「v」に入り、それが「Asum」に追加されます。そして’C’チームの売上高がAsumへ加算された時点でfor ループは終了します。

print(Asum)で合計を表示させると
>>>  2300000
となっていれば正解です。

 

②チーム当たりの平均売上高を計算

ave_v=round(Asum/len(salesA),1)
print(‘平均点:’,ave_v)

 

最初の行で平均を算出して、その値を「ave_v」変数へ代入しています。
Asum  /  len(salesA)  は 
合計   /     チーム数    を意味しています。

Asum は ①より求めた売上高の合計(2300000)が格納されています。len(salesA) は  ①の冒頭で設定したsalesAに格納されている値の数(3)となります。

print(ave_v)で
>>> 766666.7
と表示されれば正解です。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です