数値の処理方法 – 桁区切り / format関数 / python

桁の大きな数字を記載する時には、3桁ごとにカンマで区切るのがマナーです。

いくら数字に慣れている人でも、「100000000」をすぐに1億だと判断できる人はいないと思います。

この3桁区切りは、特に英語では理解が簡単です。

英語では、1(one) ,  10(ten) ,  100(hundred)  の後は次のように3桁ごとに単位が用意されています。

1,000=thousand
1,000,000=million
1,000,000,000=billion
1,000,000,000,000=trillion

このように区切りがあることにより、大きな数字でも簡単に読むことができます。

5,000は、5と1,000(thousand)だから「five thousand」
50,000は、50と1,000(thousand)だから「fifty thousand」
500,000は、500と1,000(thousand)だから「five hundred thousand」

5,000,000 は、5と1,000,000(million)だから「five million」
50,000,000は、50と1,000,000(million)だから「fifty million」
500,000,000は、500と1,000,000(million)だから「five hundred million」

というように、以下billion, trillion も
50,000,000,000は、50と1,000,000,000(billion)だから「fifty billion」
50,000,000,000,000は、50と1,000,000,000,000(trillion)だから「fifty trillion」

とすぐに読むことができます。

というわけで、pythonで数字に桁区切りする方法を記述します。

桁区切りなし

ave_v=766666
print(ave_v)
>>> 766666

「ave_v」は変数で、数値が代入されています。

 

桁区切りあり

ave_v=766666
print( ” {:,} ” . format(ave_v) )
>>> 766,666

桁区切りをつけるには、
 ” {:,} ” . format(     ) 
とします。

format(   ) に数値または数値が代入されている変数を入れます。

それをprint(   )  で囲むと
>>> 766,666 と表示されます。
 

文字を付加する

ave_v=766666
print(“売上合計は”+”{:,}”.format(ave_v) + “円です”)
>>> 売上合計は766,666円です

文字を不可して表示させるには、
文字を「 ”   ”  」で囲んで、「+」でつなげます。

“売上合計は”  + ” {:,} ” . format(     ) + ” 円です”   
とします。

format(   ) に数値または数値が代入されている変数を入れます。

それをprint(   )  で囲むと
>>> 売上合計は766,666 円です
と表示されます。
 

桁区切りと小数点以下を表示する

ave_v=766666.66666
print(“売上合計は”+”{:,.2f}”.format(ave_v) + “円です”)
>>> 売上合計は766,666.67円です

 

小数点がある場合、
たとえば小数第2位まで表示させる場合は、波カッコの中を {:,.2f} とします。

小数第3位まで表示させる場合は、{:,.3f} とします。

{ コロン(:)  カンマ(,) ピリオド(.)  小数点桁数 f  } となります。


 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です