借入金総額は多いのか?妥当なのか検証する

会社は事業を運営するうえで資金が必要であり、銀行などから資金調達をします。

銀行は、その会社の信用度により貸し付ける資金の総額を決めます。
財務の担当者としては、銀行から見てどれくらいが貸付ける金額として妥当なのかを知りたいところです。

一番のポイントはなんといっても事業の評価であることは間違いありません。
現在赤字で大きな借金があったとしても、今後莫大な利益が見込まれるのであればいくらでも資金調達することは可能です。(その将来性を評価してもらえるのであればですが)

ここではそのような収益性を除き、バランスシートにおいて借入金の限度はどれくらいなのかを判断してみます。

銀行より短期と長期を合わせて43億円を借り入れています。
この額は大きすぎるのか、妥当なのか?

次のバランスシートにより検証してみます。

                              単位:千円

運転資本
運転資本からみた借入金総額の妥当性検証

事業を運営するために、いくらの資金が必要なのかを考えます。
事業運営をするために必要な資金は運転資金として算出します。

運転資金は通常、売上債権、棚卸資産、買掛債務により求めますが、手元資金がゼロでは事業運営ができませんので、現金および預金も事業運営に必要な資金として含めて計算します。

上記のバランスシートにより運転資金は、4,451,900千円となります。
現預金(C3)+売掛債権(C4)+棚卸資産(C5)-買掛債務(F3)
=4,451,900千円

よって、事業を運営するにあたり44億円が必要であり、その分の借入金が必要となります。

運転資金の各項目と借入金の関係は次の通りです。

現預金
事業を運営するにあたり現金および預金は必要であり、その分借入が必要となる。

売掛債権
販売をしたけどまだ現金を回収していないため、資金が不足する状態であり、その分借入が必要となる。

棚卸資産
購入したがまだ売上になっていないものであり、購入した分資金が不足している状態であり、借入が必要となる。

買掛債務
仕入をしたけど支払いを待ってもらっているため、資金に余裕がある状態であり、その分借入は必要ない。

一方、当社の借入金は次の通り4,308,700千円となります。
短期借入金(F4)+長期借入金(F9)=4,308,700千円

短期借入金とは、銀行などにより借り入れた金額のうち、返済期限が1年以内のものをいい、長期借入金とは返済期限が1年以上のものをいいます。

運転資本と借入金の関係

 

結論
借入金総額は運転資金以内に収まっているので妥当と判断

借入金(43億円)は、運転資金(44億円)以内ですので、事業運営において必要な資金のみ借入調達していると判断できます。

もしも借入金の額が運転資金の額を超える場合には、その超える分他の資産(たとえば固定資産)のために資金を調達していることになります。

調達した資金が運転資金で消えてしまうことは、借り入れる側としてよいことではありません。
同じ借入総額であれば、売掛金を早く回収して、在庫の回転率を上げて在庫を減らし、なるべく運転資金を少なくすればその浮いた分を投資や固定資産の購入などに充てることができます。

逆に銀行から見た場合、貸した資金(貸付金)が運転資金のみに使用され他の固定資産の購入などに使われていないとすれば、安心の面はあります。

仮に今会社が倒産し、貸付金がどれくらい回収できるかを考えてみた場合、運転資金のみに貸付金が使われているのであれば、売掛債権を回収して、在庫を売り切り、買掛債務を返済した後の資金で貸付金の回収が可能となります。

貸付金が固定資産の購入に使われている場合には、その固定資産を売却した資金で貸付金を回収しなければならないため、貸す側としてはその固定資産がはたして売却できるのか、または売却してお金になるのか不安なところです。

よって、貸す側(銀行)としては、貸した資金が運転資金のみに使用されているのであれば安全とみなします。

もちろん、運転資本を構成する売掛金、在庫などに不良が混ざっていないことが前提です。

さらに
流動資産>流動負債+固定負債 となっていたら安全です。
会社を清算するとしても、流動資産(1年以内で資産化できるもの)のみで負債の総額を返済できてしまうのですから。

バランスシートから計算してみると次のようになります。

① 流動資産=6,891,700千円(C2)
② 負債合計=7,154,000千円(F2+F8 )
①-②=▲262,300千円

2.6億円ほど不足していますが、ほぼ流動資産のみで負債総額を返済できるのでバランスシートは健全であり、「借入金総額43億円は妥当な大きさである」と評価することができるのではないでしょうか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です