エクセルファイルをpandasで利用してまたエクセルに戻すには

財務においてデータはエクセルを利用することが一般的かと思います。

そのデータを分析するには、pandasを利用すると楽になります。
それには次の手順が基本となります。

1. エクセルファイルをpandasで読み込む
2.pandasで表を加工、分析する
3.pandasで出来上がった表、データをエクセルに戻す(書き込む)

次の表のうち、科目名称(B列)、通貨コード(D列)、円換算額(F列)の列のみを抽出して別シートに「外貨換算_2」の名前で書き込んでいきます。

では、コードを書いていきます。

import os
os.chdir(“C:/Users/ユーザー名/Documents/Python”)

import openpyxl
import pandas as pd

fx_sheet=pd.read_excel(“./RPA/RPA_エクスポージャー分析.xlsx”,sheet_name=”外貨換算”) # ①

fx_sheet_2=fx_sheet[[“科目名称”,”通貨コード”,”円換算額”]] # ②

file_name = “./RPA/RPA_エクスポージャー分析.xlsx” # ③

with pd.ExcelWriter(file_name,engine=”openpyxl”, mode=”a”) as ew:
fx_sheet_2.to_excel(ew, sheet_name=”円換算額_2″) # ④

①エクセルファイルをpandasで読み込みます。

② pandasで読み込んだデータを加工します。ここでは、表示したい科目を選んでいます。

③  エクセルのファイル名を変数へ代入しておきます。(④で使います)

④ pandasので加工したデータをエクセルシートに書き出します。
sheet_name= “円換算額_2” と書き出すシート名を指定します。

次のように、新しいシートに指定した名前でデータが書き込まれます。

エクセル → pandas → エクセル の手順でした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です