企業価値と株式時価総額は違うのか

M&Aにおいて買収価格をいくらにするかは、売買対象企業の価値をどれくらいに見積もるかによります。

上場企業であれば 市場価格 がありますので、その価格が買収価格 となります。

しかし、非上場企業 の場合には、市場価格 がなく独自で金額を決めなければなりません。

買う側と売る側、それぞれ互いに価格を決めて折を合わせていく必要があります。

買う側はなるべく安く買いたい、売る側はなるべく高く売りたい、このそれぞれで評価した価格の攻防戦です。

では、企業価値はどのように測定するのでしょうか?

  企業価値 とは

企業の価値を表す言葉として、

corporate value (企業価値)
enterprise value (事業価値)
shareholder’s equity value (株主資本価値)
shareholder’s value (株主資本)

などいろいろな名目があり、どれが 買収価格 に相当するのか混同してしまいます。

まず企業価値を構成する全体像を見てみましょう。

買収価格を決定する部分は、上図の「株主資本価値」の部分(左から2番目)であり、「株式時価総額」となります。

株式時価総額= 株価  ×  発行株式数

で表されます。

上場企業の場合には、
市場価格がこの部分を正確に反映しているかが焦点となります。

株主資本価値は、

・非事業用資産
・MVA
・株主資本

で構成されます。

  非事業用資産とは

非事業用資産 は、事業目的に使用されていない会社の資産のことで、たとえば以下のようなものが該当します。

余剰現預金・・・定期預金、別段預金など

遊休・不稼働資産・・・未利用の土地、回収懸念債権など

投融資・・・有価証券、投資有価証券、貸付金 など

これらの資産 は、事業価値 には含まれていませんが、会社が保有する資産であるため、株主 に帰属する価値を構成します。

したがって、株主資本価値 を計算する際には、時価 ベースに 評価替え した非事業用資産 の 価値を事業価値 に加算する必要があります。

 

  株主資本 (shareholder’s value) とは

株主資本 は次の算式で計算されます。

株主資本 =資本金 + 資本剰余金  +利益剰余金-自己株式

貸借対照表では次のような位置になります。

 

  MVA (market value added) とは

企業は、株主資本と有利子負債を投下資本 として事業を運営し、各期においてキャッシュフローを創出します。

そしてこのキャシュフローと 投下資本の差が事業において創出した価値となり, これをMVA(market value added:市場付加価値) といいます。

 

ISPMTを使って指定した期の支払利息を計算する

質問

銀行より3,000万円借入れて20年間元金均等方式で毎月返済していく。第1期目の支払利息はいくらか?

 

借入金の返済方法には、元利均等返済方式と元金均等返済方式があり次のような違いがあります。

元利均等返済方式: 毎月の返済額(元金分+利息分)が一定 
元金均等返済方式:毎月返済する元金部分が一定(利息は変動)

ISPMT関数では、元金均等返済方式についての借入金返済額のうち支払利息部分を求めていきます。
(元利均等返済方式の利息分はIPMT関数を使用します → こちら

 

イメージ図

 

ISPMT関数の使い方

元金均等返済方式による借入れをした場合、ある指定した期の支払利息額を求めるにはエクセル関数のISPMT関数を使用します。

エクセルのセルに、次のように入力して下さい。

=ISPMT(0.015/12, 1, 20*12,  30000000)

それぞれの意味は次の通りです。

ISPMT(利率, , 期間 現在価値)

すると答えは

-37,344

となります。

 

回答

3,000万円を金利1.5%で借り入れして、20年間元金均等方式で毎月返済していく場合、第1回目の返済額のうちの支払利息額は37,344円となる。

 

それでは、それぞれの項目について説明していきます。

=ISPMT(利率, 期, 期間現在価値)

【利率】
借入れの利率を指定します。
求める金額は月額の返済額のうちの利息部分なので、利率も月利で指定します。
年利1.5%なので0.015/12と入力します。


  求めたい期(回数目)を指定します。
第1回目の返済利息額を求めたいので1を入力します。

期間
ローン期間全体での支払回数の合計を指定します。
ここでは20年間で返済するので20*12と入力します。
(240ヶ月ですので240と入力してもOKです)

現在価値
  借入れ金額を入力します。
3千万円借入をするので30000000と入力します。

 

引数指定は以上です。

IPMT(元利均等返済方式の利息計算)では「将来価値」と「支払期日」がありましたがISPMTではないのですね。

将来価値は、借入返済ですので返済後はゼロになるとしても、支払期日の指定がないのは困ります。

ISPMTでの支払期日は、期首払いとなっているようです。

 

 セル参照による入力

数式に直接数字を入力しましたが、セルの番号を選択(参照)することもできます。

C3からC6に、次のように該当する数値を入力して、C8で各セルを参照した式を入力しても計算できます。

 

各セルの数値を変更してシミュレーションしてみて下さい。

 

 ISPMTを期末払にする方法

ISPMTで期末払いとするには、第2引数(何回目の返済なのか)を指定する際に「-1」をして下さい。

たとえば、今回の例では2回目の支払利息を知りたいときは
=ISPMT(0.015/12, 2-1, 20*12,  30000000) となります。

 

求めたい期から -1 する理由

2回目の支払利息を知りたいとき、期首払い(青)であれば元金返済は2回終了していますが、期末払い(白)であれば元金返済は1回終了しています。

よって、期末払いの2回目の支払利息を知りたいときには1回返済した後の支払利息ですので引数1(1回支払済み)を指定したISPMTと同じになります。