コーポレイトファイナンス

借入金総額は多いのか?妥当なのか検証する

会社は事業を運営するうえで資金が必要であり、銀行などから資金調達をします。 銀行は、その会社の信用度により貸し付ける資金の総額を決めます。財務の担当者としては、銀行から見てどれくらいが貸付ける金額として妥当なのかを知りた…

コメントなし

運用利回りと収益率の違い

当社では、企業型確定拠出年金を行っており、社員が自分で退職金を運用しています。 毎月会社から拠出金が個人の口座(DC口座)へ振り込まれ、60歳まで自分で運用します。 運用状況はWebで確認できますが、運用率について見る箇…

コメントなし

運転資本と借入金の関係

会社は銀行から資金を調達して事業運営を行います。 銀行が企業へ資金を貸し出す量の目安として、月商の3倍を基準にしているとよく言われます。 もちろん評価基準はそれだけではなく、業績推移や業界動向、投資効率など他の面も加味し…

コメントなし

将来価値と現在価値(パワーポイントアニメーション)

会社経営において、現在価値と将来価値の考え方は頻繁に出てきますのでマスターしましょう。 たとえば、いくつか投資案件があった場合、それぞれの将来のキャッシュフロー予測を現在価値に直して投資の意思決定をします。 また、企業が…

コメントなし

値引き交渉で考えるべきこと

販売計画において「利益率の高い商品」を「多く販売する」ことが重要となります。 しかし、通常この2つのニーズは相反するものであり、「値段を安くする」代わりに「数量を多く買ってもらう」という交渉になるかと思います。 それには…

コメントなし

EVAとFCFの違いを理解しよう

将来の EVA (Economic Value Added:経済的付加価値) をそれぞれpresent value (現在価値) に割引いて合計したものをMVA (Market Value Added:市場付加価値) と…

コメントなし

EVA(経済的付加価値)とMVA(市場付加価値)の関係

企業は事業に投資するために銀行や株主から資金を調達します。 その資金を資産に変え、その資産を利用して事業を運営していきます。 投資者から調達するコストを費用と認識し、 事業により得た利益から控除して、 企業が真に生み出し…

コメントなし

EVAで企業の本当の価値を評価する

M&Aをしたいのだが、対象 の企業はどれくらいの 価値を生み出しているのだろうか? いくつかある投資案件のうち、どの事業を選択したらよいのだろうか?   このような質問に答える 評価方法 にEVA(ec…

コメントなし

事業価値を評価するときに使う資本コストはどのように算出するのか

事業価値を 評価するとき、NPV (net present value:正味現在価値)や EVA (Economic Value Added:経済的付加価値) などの指標を使うことがあります。 これらの指標を計算するには…

コメントなし

投下資本とは貸借対照表のどの部分をいうのか

事業を評価する際に投下資本という言葉がでてきます。 何をもって投下資本とするのか、しっかりと理解しておきましょう。 企業は銀行や株主から資金を調達して、それぞれの事業に投下し利益を生み出していきます。   この…

コメントなし

割引率で割引いて現在価値を算出するとはどういう意味?

ファイナンスでは、「割引く」という考えが重要です。 投資判断をする際には、時間価値 という考えが重要であり、評価する 時間軸を合わせる必要があります。 そのため将来のキャッシュフローを割り引いて現在価値を求める作業が必要…

コメントなし

IRRとNPVで投資価値を評価する

限られた資金で投資をする場合、どの投資案件が一番有利なのかを判断する必要があります。 どのような指標を使って判断すればよいかを見ていきましょう。 今4つの 選択肢があり、それぞれのキャッシュフローは 次の通りです。 あな…

コメントなし

企業価値と株式時価総額は違うのか

M&Aにおいて買収価格をいくらにするかは、売買対象企業の価値をどれくらいに見積もるかによります。 上場企業であれば 市場価格 がありますので、その価格が買収価格 となります。 しかし、非上場企業 の場合には、市場…

コメントなし

ISPMTを使って指定した期の支払利息を計算する

質問 銀行より3,000万円借入れて20年間元金均等方式で毎月返済していく。第1期目の支払利息はいくらか?   借入金の返済方法には、元利均等返済方式と元金均等返済方式があり次のような違いがあります。 元利均等…

コメントなし